糖尿病、生活習慣病の専門医院 松本市・多田内科医院

多田内科医院 Tel.0263-36-3611
  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

私の本の日記(1)

幕末 戦慄の絆 / 加治将一
幕末 戦慄の絆 / 加治将一(祥伝社文庫)★★
 「幕末 維新の暗号」(★★★★★)からはじまる一連の幕末物の最終章と思われる。「幕末 維新の暗号」を読んだときは大きな衝撃を受けた。その本は小説仕立てになっているが、主人公の歴史学者望月は作者本人であり、1つ1つの事実を丹念に積み上げていって驚天動地の隠された真実をつきとめるのである。その真実とは?孝明天皇は暗殺されたという説が有力であるが、その首謀者は岩倉と大久保で、実行犯は伊藤博文であること。そして、明治天皇はすり替えられたということを証明したのである。そのすり替えられた本人が実際写真に写っているではないか。頭の単純な、いや純粋な私はすぐ信じてしまう。この本書ではさらに、将軍家茂に降嫁した皇女和宮と有栖川熾仁親王までが暗殺されたと述べている。隠された歴史には岩倉―大久保―伊藤らのグループによる暗躍が確かに存在していたのである。(平成28年11月)

本日の診療時間

多田内科医院 〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 Tel.(0263)36-3611