糖尿病、生活習慣病の専門医院 松本市・多田内科医院

多田内科医院 Tel.0263-36-3611
  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

私の本の日記(1)

天皇家の執事―侍従長の10年半― / 渡邉 允
天皇家の執事―侍従長の10年半― / 渡邉 允(文春文庫)★★★
 天皇のお仕事が実際どういうものかが良く判った。天皇の最も重要なお仕事は国民のために祈ること、すなわち宮中祭祀であるわけだが、これが現憲法には記されていないのは驚くべきことだ。ただこのことをもってしても、この憲法が全くひどい代物であって直ぐにでも破棄すべきものと考えられる。この本では国民が知らない今上天皇の日常生活や種々のエピソードが明かされている。その中で特に印象深かったのは次の如し。①今上天皇は世界的なハゼの研究者、科学者であられること。皇居には立派な研究所があり、実際に学会での発表や論文を発表されたりしている。これまで6種類の新種を発見され、命名する際に皇后陛下もお手伝いになって、アケボノハゼとかギンガハゼという和名になった。②陛下がくつろがれる時、和服を召されることがあり、必ず袴を着けられること。③お召列車に乗られるとき、沿線の人々が陛下のお顔を拝することができるように、1,2時間もの間立ったまま手をお振りになられること。(平成28年11月)

本日の診療時間

多田内科医院 〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 Tel.(0263)36-3611