糖尿病、生活習慣病の専門医院 松本市・多田内科医院

多田内科医院 Tel.0263-36-3611
  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ドン・ジョバンニになるぞ!

第7回
12月31日
朝食は同じ時間で、同じ席で、不動の献立が続いている。オレンジジュース、おかめ納豆に大根おろし、卵焼き、焼き鮭、少し柔らかくなってしまったたくあん、わかめ豆腐汁、ぱさぱさご飯チョー大盛り。「お聞きしたメイヤーというホイリゲ、良かったです」「今日はいよいよ“こうもり”ですね」「いやー、楽しみですねえ」「“こうもり”もたまにはテレビで実況してください」「そうですね。次の会長に言っておきますよ」(帰国後すぐ、次期会長が決まった)
夕方まで用事は何もない。少し遠いがツエントラルというカフェまで行ってみようかな。銀行のような重厚な構えの入り口で、中も歴史を感じる古く、落ち着いた雰囲気である。れっきとしたカフェで飲むメランジュは「やはり、うまいな」一人でいると独りごとが多くなる。一人旅は気楽なもので、昔から好きだった。初めてのそれは、大学一年の時、ウイスキーの角瓶と“八つ墓村”の文庫本をカバンに入れ、飛騨高山へ向かったものだ。その後結婚するまで、木曽路、四国、長崎、金沢、伊豆湯ヶ島温泉(ここは毎年)、ひなびた温泉一軒宿の数々。旅情を感じない旅もあったが、初めての海外一人旅では毎日にように旅情に襲われる。
露天市が並ぶナッシュマルクトへ行ってみた。大晦日なのでものすごい騒ぎである。食堂に入りきれない人々が外に立って大声でしゃべりながらワインを飲んでいる。これでは吉田類でさえもひるんでしまうに違いない。逃げるように帰ってくる途中、カールスプラッツ公園に立ち寄った。荒涼としたグランドのようなところだが、この近くで亡くなったブラームスの銅像があるという。いた、いた。大きい台座の上に脚をガバッと拡げて座っている。しかし、通行人はこれに眼もくれない。わたしは台座によじ登り、脚にしがみつきヨヨヨッと泣きそうになったが我慢した。ヘンタイに間違われて警察を呼ばれたら大変だ。見上げればブラームスはきびしい表情である一点を睨みつけている。その視線の先を追うと、150メートル先に、ウイーンフィルの本拠地である楽友協会があった。ブラームスは毎月2回ウイーンフィルの定期演奏会をここから監視していたのである。明日のニューイヤーコンサートも。
大晦日の夕方、市内の店は全部閉まっている。夕食の選択肢は以下の三つしかない。 (1)デパートの地下でチーズとパンを買ってホテルで食べる (2)大混雑のマクドナルドで並ぶ (3)持ってきた赤いきつねと緑のたぬきの連続食い
ウイーン国立歌劇場でヨハン・シュトラウスのオペレッタ“こうもり”を上演するのは大晦日の恒例である。わたしはオペラを観る習慣はなかったが、“こうもり”だけは昔からよく観たものだ。字幕を見なくてもセリフはだいたいわかるほどだが、観るたびに面白くて楽しくて仕方がない。もちろん、この演奏の最高峰はカルロス・クライバーであり、そのCDとビデオは人類の至宝である。今日は2日前に買った深緑の蝶ネクタイをしていこう。席は一階正面奥のボックス席だ。1つのボックスは3列で9席あるが、わたしのは最前列の左であった。早めに席に着いていると、隣に老夫婦が来て、座るなり「どちらから?」と話しかけてきた。彼らはオーストラリアのシドニーから旅行に来たという。わたしは20数年前、シドニー大学で1年半研究生活を送ったのである。「シドニーのどちらからですか?」「シドニーの北の方です」「わたしは昔シドニーで1年間ほど暮らしたことがありますが、北のキャメレイというところにいました」「おお、私達はキャメレイに住んでいますよ」「わたしが住んでいたのはキャメレイタワーという丘の上のマンションでした」「なんですと。友人がそこにいるのでときどき訪ねますよ。私達の家はキャメレイタワーから歩いて5分です。あのゴルフコースに沿った道のテニスコートの隣です」「なーんだ、毎週土曜日はそのコートでテニスをやっていましたよ」ずいぶんとローカルな話題で盛り上がった。その当時、もしかしたらその辺ですれ違っていたのであろう。こういうことって、あるんだねえ。世間は狭いのである。高揚した気分のまま演奏が始まり、高揚感はずっと持続した。これが本場の名物のこうもりなのか。休憩時間も席に着いたまま会話がはずんだ。誰とでも話をしたがるという典型的なオーストラリア人である。第2幕の舞踏会の場面では、毎年、特別ゲストが出演するという。ソプラノのアンナ・ネトレプコと夫のバリトン歌手が出てきた。わたしがいま最も見て聴いてみたいと思っていたソプラノ歌手である。凄まじい歓声の嵐だ。わたしも生まれてはじめてしなやかにブラボーと叫んでみた。その2人、歓声を受けながら舞台の上で抱き合って、何回も強烈にブチューとやっていた。

本日の診療時間

多田内科医院 〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 Tel.(0263)36-3611