糖尿病、生活習慣病の専門医院 松本市・多田内科医院

多田内科医院 Tel.0263-36-3611
  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

多田久也のコンサート放浪記

(16)パーヴォ・ヤルヴィついにN響に登場
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 NHK交響楽団
R.シュトラウス 交響詩ドンファン、モーツアルト ピアノ協奏曲第25番
R.シュトラウス 英雄の生涯
2015年2月22日 愛知県芸術劇場コンサートホール

 パーヴォ・ヤルヴィが今秋の音楽監督就任を前にN響と演奏会ツアーをおこなった。今回は渋谷のNHKホールではなく、名古屋の定期公演を選んだ。名古屋といえば、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、味噌カツ、名古屋コーチン、きしめんである。かの地は食べることぐらいしか魅力がない。上記のものはたいてい食べたことはあるが、今回はひつまぶしが食べたい。そこで、名鉄ビル9階レストラン街のうなぎ店に向かった。予約していなくても11時過ぎに行けばいくらなんでも大丈夫だろうと思って、エレベーターのドアが開いて驚愕した。私は、ウワーッと叫んだ。まるで新宿駅構内のような雑踏なのである。気を取り直してよくみると、うなぎ屋の前にはすでに30メートルの行列ができている。嘘ではない。なんという恐ろしい所だ。うーん、名古屋なんていう所に来るんじゃなかった。だから言ったじゃないか、などと理不尽な八つ当たりをする。空腹のときの私に近づくのは危険だ。ここはすぐ諦めて、行列の少ないきしめん店を見つけ、なんとか餓死は避けられた。やっとありついたこのきしめんが美味しかった。これまでで最高のきしめんだった。名古屋駅コンコースや特急しなののホームのきしめんとは大違いで、麺が幅広く上質でこしのあるきしめんであった。名古屋って本当にいい所だねえ。
 さて、コンサートである。席は4列左側なので、おなじみの第1バイオリンの面々がすぐ目の前にいる。私は小さい頃からテレビでN響アワーを見てきたので、日本の楽団ではN響が最も親しみ深い。メンバー一人ひとりが私にとっては憧れの大スターなのである。すぐ目の前にコンサートマスターの篠崎史紀(マロさん)がいる。感激である。マロさんは真近で見るとあまりにも存在感が大きい。一挙一動が堂に入っていて貫禄がある。セカンドでサイトウキネンにもよく来る若きエース・大宮臨太郎、女性陣の青木 調、宇根京子、長野県出身で松本の“クレモナ”にもよく来るという赤眼鏡の巨漢・降旗貴雄。バイオリンの間から、フルートの神田寛明、オーボエの茂木大輔、チェロの向山佳絵子などの面々が正面に見え、見ているだけでも面白い。
 最近演奏会で聴いた横山幸夫、フランク・ブラレイ、ヴァレリー・アファナシェフなどがあまりにも強烈な個性を発散していたので、今日のピアノのピョートル・アンデルシェフスキはオーソドックスで美しい演奏という印象を受けた。人柄が良さそうな小柄な中年男が、なんの衒いもなく丁寧に弾いているのが好ましい。彼の誠実さがしっかりと伝わってくる。こちらも身体の力を抜いて聴けるのがよい。ヤルヴィがしっかりとサポートしていることが窺えた。カデンツアのときなど、身を乗り出して、なんとも優しい眼差しでピョートルを見守っていた。
 ヤルヴィの演奏は、“音楽の友” 2011年度のベストコンサートに選ばれたパリ管とのベルリオーズ幻想(コンサート放浪記 3)と、フランクフルト放送響とのブルックナー8番を聴いたことがある。ヤルヴィはドイツカンマーフィルを指揮するときは、なにものかに挑戦するような前衛的な演奏をすることが知られているが、オーケストラによって演奏の仕方を変えているようである。彼のスタイルはおおむね、やや早めのインテンポを保ちながら突き進んでいくものだが、はたしてN響とはどうだろうか。英雄の生涯は、予想したとおりキリッと引き締まった小気味よい演奏だった。あっさりという意味ではない。繊細ながらも力強く、しかも彫りが深いといってもよいだろうか。たとえば、ゲルギエフの場合はやや下品な彫りの深さと表現するなら、ヤルヴィのほうはもっと知性的な彫りの深さといえるかもしれない。マロさんの透きとおった美しいソロも良かったし、金管楽器の強奏の迫力や終楽章のロマンチズムもさすがであった。カーテンコールではヤルヴィとN響がお互いに称えあう場面が実にほほえましく、両者の相性は良好であることが推測された。このような世界的に有名で才能のある指揮者をN響が獲得したということは大きな喜びである。一方、都響は2015年5月に日本音楽会のエース、大野和士が音楽監督に就任する。さらに、私の敬愛する上岡敏之が2016年に新日フィルの監督としてドイツから帰国するという大ニュースが最近発表された。なんと嬉しいことだろう。私はこれら3つの日本の楽団さえあれば十分満足で、外国のオーケストラはいらなくなるとさえ感じてしまう。来年、日本のオーケストラ界は黄金期を迎えるのではないだろうか。

本日の診療時間

多田内科医院 〒390-0815 長野県松本市深志1-5-8 Tel.(0263)36-3611